Network

Network

Catalystスイッチ プライベートVLANの設定

下記の条件でプライベートVLANの設定を行います。 プライマリVLANは、VLAN10セカンダリVLANは、VLAN20 (コミュニティポート)(Gi 1/0/1-5)セカンダリVLANは、VLAN30 (隔離ポート)(Gi 1/0...
Network

Catalystスイッチ プライベートVLANの概要

プライベートVLANとは プライベートVLANとは、同じVLAN内のポートのブロードキャストドメインを分割できるVLANのことです。プライベートVLANは PVLAN(Private VLAN)とも呼ばれています。プライベートVLA...
Network

Catalystスイッチ VLANの設定

VLAN(Virtual Local Area Network)の設定は、スイッチの基本的な機能です。スイッチを論理的なグループ分けをすることにより、グループ間のセキュリティを確保やグループ間で流れる無駄なトラフィックの抑制を目的としてい...
スポンサーリンク
Network

Catalystスイッチ BPDUガードの設定

スイッチに対して許可していない不正なスイッチとの接続を防ぐことには、BPDUガードという技術を使用します。 BPDUガードの仕組み BPDUガードとは、PortFastが設定されたポートに他のスイッチが接続され、そのポートでB...
Network

Catalystスイッチ DHCPスヌーピングの設定

許可されていない不正なDHCPサーバの通信を拒否し、許可された正規のDHCPサーバのみを利用することで、クライアントPCが正しいIPアドレス情報を使用して、通信することを目的としたセキュリティは、DHCPスヌーピングという技術を使用します...
Network

Catalystスイッチ FlexLinkによる冗長化設定

FlexLinkは、任意のスイッチポートをバックアップポートに指定し、経路を冗長化することを目的とした技術です。 FlexLinkの仕組み FlexLinkとは、2つのスイッチポートでアクティブ(稼働状態)とスタンバイ(待機状...
Network

Catalystスイッチ EtherChannelの設定

EtherChannelとは スイッチの複数の物理ポートを論理的に1つに束ねることで、スイッチ間をより広い帯域幅で接続することや、物理ポートの冗長化をすることにより、1ポートに障害が発生したとしても、残りのポートで通信が継続できます...
Network

Ciscoルータ パスワードのリカバリ方法

enable passwordやenable secret形式で設定したパスワードを忘れてしまった場合、特権モードでのオペレーションや、コンフィグレーションモードでの設定変更や追加作業ができなくなります。 ルータ管理者として、パスワ...
Network

Ciscoルータ スロットの情報確認

機器の障害対応の際に、モジュールの情報を確認するコマンドを使用することにより、モジュールのハードウェアリビジョンやシリアルナンバーといった情報を得ることができます。初期不良でモジュールに不具合があり交換する際に、購入店に対してシリアルナン...
Network

Cisco機器 常に特権モード

常に特権モードの設定をすると、ルータ / スイッチにログインした直後から、特権モードで作業を開始できるようになります。 ユーザーモードから特権モードへログインする手間が省け、作業効率が向上します。 常に特権モードを使用 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました