Red Hat Customer Portalの登録とRed Hat Enterprise Linuxのダウンロード手順

Linux

Red Hat Customer Portalの登録

Red Hat Enterprise Linuxを使用するには、まず、Red Hat Customer Portalに登録する必要があります。

開発において、バージョンが古いRed Hat Enterprise Linuxから新しいRed Hat Enterprise Linuxへ移行する場合に現環境のソフトウェアに影響を及ぼさないかの確認をする上で検証用の環境を構築して試験をする必要があります。

Red Hat Enterprise Linuxは、商用で使用するには、Standardプランで約10万/年間かかります。
ただし、個人開発者はRed Hat Enterprise Linuxを無料で最大16システムまで利用可能になります。

つまり、検証するには、無料で使用ができます。

以下、URLに記載。
New Year, new Red Hat Enterprise Linux programs: Easier ways to access RHEL
https://www.redhat.com/en/blog/new-year-new-red-hat-enterprise-linux-programs-easier-ways-access-rhel

登録には、以下のURLを選択します。
Red Hat アカウントへのログイン画面が表示されます。

Red Hat

今すぐ作成しましょう。を選択します。

アカウントタイプにて、企業個人が選択欄がありますので、どちらを選択します。
※は入力が必須です。

ログイン情報にて、ユーザー名(Red Hat ログインID)とパスワードを入力します。

個人情報にて、職業メールアドレス電話番号を入力します。

会社情報にて、会社会社住所電話番号郵便番号市区町村を入力して、
アカウントを作成します。を選択します。

アカウントの情報に不備がない場合は、登録メールアドレスにRed Hatからメールが届きます。
メールアドレス確認用リンクを選択したら、登録完了です。

Red Hat Enterprise Linuxのダウンロード

Red Hat Customer Portalにログイン後、上部メニューのDOWNLOADを選択する。

ダウンロードRed Hat Enterprise Linuxにて、最新版のインストールおよびイメージ画面がでます。
旧バージョンが必要な場合は、バージョンのリストで選択ができます。

ここでは、最新版をダウンロードします。

Red Hat Enterprise Linux 8.4 Binary DVD:今すぐダウンロードするを選択します。
ISOファイルがローカルにダウンロードされます。

タイトルとURLをコピーしました