MOS Access 365&2019を受験しました。

Microsoft Office AccessCertification

2021年12月17日(金)ヒートウェーブ 新宿校にて、受験しました。

試験データ

問題数:約20~35問
合格点:550点~850点
試験時間:50分
受験費用:12,980円

出題範囲

データベースの管理・データベースの構造を変更する
・テーブルのリレーションシップとキーを管理する
・データを印刷する、エクスポートする
テーブルの作成と変更・テーブルを作成する
・テーブルを管理する
・テーブルのレコードを管理する
・フィールドを作成する、変更する
クエリの作成と変更・クエリを作成して実行する
・クエリを変更する
レイアウトビューを使ったフォームの変更・フォームにコントロールを設定する
・フォームを書式設定する
レイアウトビューを使ったレポートの変更・レポートのコントロールを設定する
・レポートを書式設定する

受験結果

取得点数:972点 合格

学習書籍


MOS Access 365&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)

学習方法

MOS Access 365&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)の出題範囲1から5をデータファイルをダウンロードして、学習しました。その後、模擬試験をPCにインストールをして、第1回から第5回まで順番に実施します。
以下が、私が実践した模擬試験の学習方法になります。

  • 1回目は、すべての問題で、解答アニメーションを確認しながら、理解して、解答を行います。
  • 2回目は、わからない問題は、解答アニメーションを確認しながら、理解して、解答を行います。
  • 3回目は、解答アニメーションを確認しないで、解答します。
  • 4回目は、模擬試験の取得点数が、900点以上になるまで行います。
  • 5回目は、解答時間が50分であるので、約30分で解答できるまで、繰り返します。
    また、取得点数が、900点以上であることが前提です。
    これにより、わからない問題が出題された場合、対応できるための余裕ができます。

本番の試験は、MOS Access 365&2019 対策テキスト&問題集 の模擬試験と類似した問題が9割出ましたので、こちらの学習方法で、1000点近くは取得できると思います。

全体的な感想

私自身、過去、Access 2003 の資格を取得してましたが、その後、新しいバージョンの試験を受験することなく、業務をしておりました。
新しいバージョンは、リボンを始めとする機能、ユーザーインタフェースも充実してきましたので、改めて新しいバージョンに対応するために受験しました。Access は、業務での使用頻度はあまりなかったのですが、データベースを理解しなければならないと思いまして、受験しました。

タイトルとURLをコピーしました