Catalystスイッチ 初期化手順

Network

ネットワークエンジニアの作業にて、Catalystスイッチを初期化する場合があります。

初期化のコマンドは、ルータと同様にNVRAMにあるstartup-configを削除するために、erase startup-configコマンドを実行しますが、Catalystスイッチは、VLAN情報も削除しなくてはなりません。

また、VLAN情報は、フラッシュメモリにvlan.datというファイルで保存されています。

初期化の手順

startup-configファイルの削除と再起動

Switch# erase startup-config
Erasing the nvram filesystem will remove all files! Continue? [confirm]
Erase of nvram: complete
Switch# reload
System configuration has been modified. Save? [yes/no]:no

[confirm]が表示したら、Enterキーを押します。

※上記のメッセージに対して、「yes」を入力をしないでください。
もし、入力をすると、ランニングコンフィグレーションの設定がNVRAMに保存されるので、「no」を選択してください。

Proceed with reload? [confirm]
再起動が実施されます。
再起動後、以下のメッセージが表示されます。

Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:no

フラッシュメモリのVLAN.datの削除と再起動

Switch# dir flash:
Directory of flash:/
2 -rwx 2487439 Mar 11 1993 01:25:32 c2950-i6q4l2-mz.121-9.EA1d.bin
3 -rwx 840 Mar 20 1993 09:20:09 vlan.dat
4 -rwx 2491435 Mar 08 1993 16:14:13 c2950-mvr.bin
6 -rwx 42 Mar 01 1993 00:07:35 env_vars
7 -rwx 109 Mar 11 1993 01:23:56 info
8 drwx 640 Mar 11 1993 01:26:35 html
19 -rwx 109 Mar 11 1993 01:26:35 info.ver
Switch#
Switch# delete flash:vlan.dat
Delete filename [vlan.dat]?
Delete flash:vlan.dat? [confirm]
Switch# reload
System configuration has been modified. Save? [yes/no]:no
Proceed with reload? [confirm]
再起動が実施されます。
再起動後、以下のメッセージが表示されます。

Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:no

[confirm]が表示したら、Enterキーを押します。

VLANが初期されたことの確認

Switch# dir flash:
Directory of flash:/
2 -rwx 2487439 Mar 11 1993 01:25:32 c2950-i6q4l2-mz.121-9.EA1d.bin
4 -rwx 2491435 Mar 08 1993 16:14:13 c2950-mvr.bin
6 -rwx 42 Mar 01 1993 00:07:35 env_vars
7 -rwx 109 Mar 11 1993 01:23:56 info
8 drwx 640 Mar 11 1993 01:26:35 html
19 -rwx 109 Mar 11 1993 01:26:35 info.ver
Switch#

VLAN.datがないことを確認できました。
次に、工場出荷時状態のVLAN情報を確認します。

Switch# show vlan
 VLAN Name                             Status    Ports
 ---- ------------------------------   -------  ----------------------------------------
 1    default                          active    Fa0/1, Fa0/2, Fa0/3, Fa0/4
                                                 Fa0/5, Fa0/6, Fa0/7, Fa0/8
                                                 Fa0/9, Fa0/10, Fa0/11, Fa0/12
                                                 Fa0/13, Fa0/14, Fa0/15, Fa0/16
                                                 Fa0/17, Fa0/18, Fa0/19, Fa0/20
                                                 Fa0/21, Fa0/22, Fa0/23, Fa0/24
 1002 fddi-default                     active
 1003 token-ring-default               active  
 1004 fddinet-default                  active  
 1005 trnet-default                    active  

 VLAN Type  SAID       MTU   Parent RingNo BridgeNo Stp  BrdgMode Trans1 Trans2
 ---- ---- ---------- ------ ------ ------ -------- ---- --------- ----- ------
 1    enet  100001     1500  -      -      -        -    -        0      0
 1002 fddi  101002     1500  -      -      -        -    -        0      0
 1003 tr    101003     1500  -      -      -        -    -        0      0
 1004 fdnet 101004     1500  -      -      -        ieee -        0      0
 1005 trnet 101005     1500  -      -      -        IBM  -        0      0
 Switch#

VLANの状態が工場出荷時に戻っているので、初期化は問題なく完了となります。

モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました